日々の幸せを見つけるエンジョイライフ

大好きな自然や寺社巡りなどの話から、好きな音楽や芸人さんのことまで、気ままに綴っていきます。

秋の訪れとフジファブリック🌇

 

ここ数日は一気に冬のような寒さになってますが、今回は秋に聴きたくなる曲紹介です♪

タイトルにアーティスト名を出してて、過去記事でも紹介した曲ではありますが😅

 

フジファブリックの3曲、特に秋に聴くのにピッタリだなぁと思ってます。

1曲ずつ順に、紹介させて頂きます。

 

「若者のすべて」

これは、夏の終わりを感じる曲ですね。

「最後の花火に今年もなったな」と唄ってますが、個人的にはここ数年、生での花火を見てないな…と、ふと思いました。大きな花火も良いですが、線香花火の儚さも好きです。

この曲も、どこか儚さを感じます。


www.youtube.com

 

「赤黄色の金木犀」

今の時期は、はてなブロガーさんの中にも金木犀の話を記事にしている方が結構おられるようです。金木犀は、秋の訪れを告げてくれる花ですね。

この曲は、心に染み入るメロディーと郷愁を感じる歌詞がとても良いです。そして、花の色を「橙」や「オレンジ」などではなく、「赤黄色」と表現する志村さんの言葉のセンスがすごいなと思います。

1:18~「歩くスピードを上げた」でドラム🥁が速くなりサビに入っていくところや、イントロ&アウトロの切ない余韻が残る演奏も大好きです。


www.youtube.com

 

「茜色の夕日」

夕日は季節に関係なくいつ見てもキレイですが、この曲も「短い夏が終わったのに 今」という歌詞があり、秋の曲というイメージです🌇

志村さんの世界観で作られた曲と歌詞に、自然と引き込まれていきます。全体を通して好きなので、好きな歌詞を一部分で選ぶというのは難しい💦

ここでは、サビの歌詞のみご紹介します ↓

 

「君のその小さな目から 大粒の涙が溢れてきたんだ

忘れることはできないな そんなことを思っていたんだ」

「東京の空の星は 見えないと聞かされていたけど

見えないこともないんだな そんなことを思っていたんだ」


www.youtube.com

 

以上、今回は純粋に音楽紹介の記事でした♪

 

過去記事で書いた内容と被っていると思いますが、MVを見ていると、志村さんが若くして旅立たれたことが残念で悲しい気持ちに…😢

でも、こんな素晴らしい曲を後世に残してくださったことに感謝しています✨

また、他のメンバーの皆さんがずっとフジファブリックを続けて、志村さんの曲も唄ってくださっていることもありがたいです✨

 

ちょっと大げさな言い方ではありますが、好きな曲というのはどれだけの年月が経っても心に残り、人生に寄り添ってくれることがあります🍀身近に音楽がある暮らしは、改めて良いものだなと感じています😌

 

皆様も日々の暮らしの中で、好きな曲に浸って盛り上がったり安らいだりできるひとときを持てますように🎶