日々の幸せを見つけるエンジョイライフ

大好きな自然や寺社巡りなどの話から、好きな音楽や芸人さんのことまで、気ままに綴っていきます。

ある日の宝塚散歩① 清荒神清澄寺・売布神社

 

<はじめに>

今回と次回の2回に分け、宝塚(兵庫県)にある寺社巡りと、バラ観賞とカフェグルメ&スイーツ(ファミレスかな?)の記事を書いていきます。

6月に行ってきたのですが、ようやく記事に😅

 

「ある日の宝塚散歩」というタイトルで、

今回は①清荒神清澄寺(きよしこうじん せいちょうじ)・売布(めふ)神社編です。

清荒神清澄寺は何年も前に参拝したことがあったけど、そのときはまだ御朱印帳を持っていませんでした。売布神社は今回が初めての参拝です。

今回の行くきっかけは、『ちゃちゃ入れマンデー』という関西で放送されているTV番組😃

「関西人なら知ってて当たり前クイズ(第2弾)」が気になって見ていたときに、「大阪環状線の駅名穴埋めクイズ」に不正解だった宝塚出身の東野幸司さんが「阪急線の宝塚、清荒神、売布神社なら分かる」と話されたのを聞いたことです。

「行きたいなぁ。よし、行こう!」と思い立ちました🌟

 

 

<清荒神清澄寺>

最初は清荒神駅から歩いて、清荒神清澄寺を目指しました。駅からゆるやかな上り坂が続く参道は「龍の道」と呼ばれているそうで、途中で少し上を見上げると「龍のイラストで、あと〇メートル」と書かれた旗に2回出会いました🐉

ゴール手前の旗がこちらです↓



そして、到着の少し手前で緑が深くなり、山に囲まれたその場所からウグイスの鳴き声が♡ 今年初めて、生で聴くことができました🥰

過去記事(下記参照↓)にも書きましたが、私はウグイスの鳴き声が大好きで、しばらく聴き入ってました。

動画で鳴き声を録ろうとしたけどうまくいかず、文章だけになりますが💦

「ホーホケキョ」と上手に鳴く1羽と、「ケキョッ、ケキョッ、ケキョッ」と繰り返している鳴き方練習中の1羽がいて、どちらも本当にかわいく癒されました💕

hukumaru.com

 

ウグイスの鳴き声を満喫後、そこからもう少し歩いて、清荒神清澄寺に到着。

駅からは普通に歩くと20分くらいで着くみたいですが、私は写真を撮ったり立ち止まったりしていたので、倍の40分くらいかかったと思います💧

参道沿いは閉まってる店も多くて寂しい感じでしたが、平日だったからかもしれません。人も少なめで、ゆっくりと参拝できました。山に囲まれた小高い場所にあり、空気も美味しく感じました✨

ちなみに車で来られる場合は、山門の向かい側、すぐ目の前に広い駐車場があります🚗

 

 

ここからは境内で撮った写真を、順に紹介していきます📸

最初にお出迎えしてくださる狛犬 ↓(※アイキャッチ画像と同じ写真です)

 

その先におられる、優しい笑顔の布袋尊様 ↓

 

池の横には、キレイなサツキ(ツツジ?)の花が咲いてました。

 

そして「一願地蔵尊」は、前にある柄杓でお地蔵様に水をかけながら一つだけ願いごとをすると、その願いを叶えてくださると言われています ↓

水をかける際は、周りにいる人にかけてしまわないよう注意💦

 

お地蔵様の後ろにも、サツキがたくさん。赤がメインですが、白も少し咲いてました。

 

そして、前に来たときには知らなかった「龍王滝」へと向かう道。

「一願地蔵尊」の横にある小道を奥へ進むと、すぐ滝の手前まで来ます ↓

 

小道の突きあたりにある「龍王滝」がこちら ↓

写真では分かりにくいのですが、滝つぼの滝が流れ落ちている前面あたりが小さな虹色になってて、とてもキレイでした🌈

私が来たときは周りに誰もいなかったので、一人で落ち着いて見ることができました。

神秘的に光輝く滝✨を眺めて、流れ落ちる優しい音に包まれながら、しばらく平穏なひとときを過ごせました🍀

本当は動画も載せたかったのですが、携帯で撮った動画をここに載せることができず💦

 

また、滝つぼの左側、岩場のくぼみに小さな不動明王様の像があるとのことですが、私は見つけられませんでした。

像の位置を分かりやすく教えてくださっている記事(下記リンク参照 ↓)、事前にチェックしとけばよかった~😅

また参拝することがあれば、そのときはしっかり見つけたいと思います✨

makkurokurosk.blog.ss-blog.jp

 

清荒神清澄寺は、神仏習合の古刹。寺院ですが、境内に三宝荒神社があります。

火の神様・台所の神様である「荒神さん」は、本尊の大日如来を守る神として一緒におられるそうです。

詳しくは、こちらのリンク記事をご参照ください ↓

ja.m.wikipedia.org

 

また、御朱印は全部で3種類あります ↓

tagakimi-gratefuldays.com

 

私が頂いたのは、そのうちの2種類 。「大日如来」と「清荒神王」の御朱印です ↓

 

もう1種類「布袋尊」の御朱印は、「いつか西国七福神巡りをするんじゃないか」「そのときに頂こう」と、ふと思ったので、今回は控えました🙂

阪急沿線(宝塚線)の「西国七福神集印めぐり」、詳細はこちらです↓

www.hankyu.co.jp

 

 

<売布神社>

売布神社では、ちょっとしたハプニング(?!)があって、写真をまったく撮らずに終わってしまいました💧

そのため、こちらは文字のみの紹介になること、先におことわりしておきます🙇

 

今回の宝塚散歩は、ずっと歩き🚶

清荒神清澄寺から売布神社までは、思ってたよりも時間がかかりました。どうやら、間違って遠回りしてしまったようです💦しかも、私が通った道は歩道がすごく狭かったり、「ここ歩道ないやん」という通りにくい場所も😣

「売布神社」の駅前に着いたところから神社までは、ひたすら上り坂。直前の急な坂を上りきった正面に学校があり、その右手に神社の鳥居がありました⛩️

 

最初の鳥居をくぐると、一直線の階段があって、その上に本殿がありました✨

他に参拝者はいなくて、こじんまりとした静かで落ち着く神社でした。

こちらのリンク記事は写真をいっぱい載せてくださっていて、見て頂くと神社の雰囲気が分かるかと思います ↓

jun-yu-roku.com

 

到着すると、目に入った社務所にも人気(ひとけ)がないのが気になりつつ、先に参拝。

ここで、羽が薄紫色のキレイなチョウを見られたのが印象的でした。あとから調べてみたところ、たぶんシジミチョウの仲間ではないかと思います✨

 

参拝を済ませて御朱印を頂こうと社務所の前に行くと、書置きの御朱印(1枚300円)が数枚置かれていて、「初穂料は賽銭箱へお入れください」と書かれてました😲参拝者の良心にお任せして自分で取ってもらうというスタイル、初めて見ました💡

 

ただ、私の財布の中は小銭が空っぽ状態…

先に参拝した清荒神清澄寺で、御朱印とお賽銭に小銭を使い切っちゃってました💧

 

ここで浮かんできた選択肢が2つ。

・千円札を賽銭箱に入れて御朱印を頂くか?

・一旦下りて自動販売機を探し、飲み物を買って小銭を用意するか?

 

ちょっと悩んだ末、後者を選んで一旦神社を後に…

すぐ階段を下りたところに自動販売機があることを期待したのですが、見つけられず💦

結局探しながら駅に向かって歩いてたら、駅の前まで着いてしまいました😅

ここから再び坂道を上って神社に戻る気力はなく、「御朱印はまた別の機会で参拝したら頂こう」と思い直して、次のバラ鑑賞へと向かうことに🌹

 

・・・という流れで、御朱印の件から動揺して、結局写真を撮りそこねてしまいました。

 

教訓として、神社・お寺に行くときは小銭をいつも多めに用意しておこうと思いました💡

(私は自分の誕生日や年末詣のお参りで、たまにお賽銭をお札にすることはありますが、普段は小銭なので。)

 

<おわりに>

最後は、清荒神清澄寺の龍王滝について調べたときにチェックしていた記事を紹介させて頂きます。

具体的で分かりやすく、読んで楽しく、写真もたくさんあります。

龍王滝の写真では滝つぼ全体にうっすらと虹のような光があり、龍神様があらわれているかのようにも見えます🌈🐉

こちらでは、滝の動画も載せておられます✨

inorilog.com

 

また、清荒神から売布神社まで歩くときに、この方の記事を確認し直してたら間違えずに行けたなと、後から気付きました😅

清荒神清澄寺から売布神社、更にその隣にある中山寺まで歩かれたときの記録を、2記事にわたって書かれています。

これらの寺社を歩きながら参拝してまわろうという方には、とても参考になると思います🌟

こちらにリンクを貼らせて頂きます ↓

inorilog.com

 

以上、ある日の宝塚散歩①はここまでです。

次回、②バラ観賞とカフェグルメ&スイーツ編に続きます🌹