日々の幸せを見つけるエンジョイライフ

大好きな自然や寺社巡りなどの話から、好きな音楽や芸人さんのことまで、気ままに綴っていきます。

森林の日🌳我が家に2冊だけの絵本を紹介✨✨

 

5月20日は「森林の日」だそうです。森林浴でリフレッシュしたい✨近々、天気の良い日に行きたいなぁと思います🌳

 

そして今日はタイトルの通り、森にちなんで、我が家の絵本を紹介します。

それが『森の絵本』(作:長田弘、絵:荒井良二)と、『はっぴぃさん』(荒井良二)。※いずれも敬称略。

森に関するのは前者の方ですが、2冊とも大好きな絵本😊好きな絵本を集め出すとキリがなくなってしまうので、断捨離を優先して、残っている絵本がこの2冊です✨✨

Amazonの商品紹介で両方見つけたので、ここで個人的な感想とともに紹介させて頂きます↓

 

『森の絵本』

 

こちらは「自分にとって大事なもの、大切なものは何か」ということに、色んな視点から気付かせてくれ、長田弘さんの言葉が深く心に響く、ステキな内容の絵本です。また荒井良二さんのかわいらしくて優しい印象の絵が好きで、眺めているだけでも癒されます。時々読み返すと、過去から現在に至るまでの諸々に感謝の気持ちを思い起こすことができます✨是非一度、読んでみて頂きたい1冊です。

 

 

『はっぴぃさん』

こちらは「のろのろのぼく」と「あわてんぼうのわたし」の2人が、それぞれ山を登って「はっぴぃさん」に会いに行くお話。「のろのろ」と「あわてんぼう」、どちらにも良い側面があり、この絵本を読むと「自分とは違うタイプであっても、お互いに認め合えるといいな」と思います。

私は自分の中でどちらの側面も持っている感じで、その時々で「のろのろ」しているときもあれば、テキパキ動きたいときもあります。

ただ「丁寧な暮らし」に憧れているので、時間に余裕があるときはできるだけ、一つ一つの行動を気持ちを込めてゆっくりと丁寧に行えると良いなと思います🥰

 

以上、今日はサクッと絵本の紹介をしてみました。

また森林浴に行けた際は、そのときの記事も書こうかな思います🌳✨