日々の小さな幸せ、心身の健康とゆるエコライフ

大好きな自然や寺社巡りなどの話から、好きな音楽や芸人さんのことまで、気ままに綴っていきます。

私の音楽ヒストリー♪<18>

f:id:hukumaru-8888:20220417192123p:plain

 

前回で予告した通り、今回は⑤懐かしのアニメソング⑥好きなジブリソング⑦好きな童謡⑧学生時代に習った好きな曲⑨最近ハマった曲を一気に紹介します。それぞれのテーマで3曲ずつ、選んでみました♪

 

⑤懐かしのアニメソング

・「アンパンマンのマーチ」:Dreaming

私が知っている中で最高のアニメソング✨大人になった今の方が、歌詞の深さが身に染みます。自分の心と向き合うとき、この曲の歌詞を思い出して自分自身に問いかけるようにしたいです。『アンパンマン』の作者・やなせたかしさんが作詞されていて、アニメだけでなく素晴らしい曲も後世に残してくださったことに感謝✨JASRACの管理楽曲に入ってたので、歌詞の好きな部分をがっつり紹介します。

「なんのために生まれて なにをして生きるのか 

こたえられないなんて そんなのはいやだ!

今を生きることで 熱い心燃える だから君はいくんだ ほほえんで

そうだ うれしいんだ 生きるよろこび たとえ胸の傷がいたんでも」

「なにが君のしあわせ なにをしてよろこぶ 

わからないままおわる そんなのはいやだ!

忘れないで夢を こぼさないで涙 だから君はとぶんだ どこまでも

そうだおそれないで みんなのために 愛と勇気だけがともだちさ」

「時ははやくすぎる 光る星は消える だから君はいくんだ ほほえんで」

人生の限られた時間をどう生きていくのか、見つめ直すきっかけを与えてくれるような曲です🌟


www.youtube.com

 

・「アレアレ アラレちゃん」:水森亜土・こおろぎ ′73

『Dr.スランプ アラレちゃん』の初代エンディング曲です。初代オープニング曲の「ワイワイワールド」や、夏祭りを思い出す「アラレちゃん音頭」も良いですが、特に好きなのがこの曲♪ 当時見ていたアニメの曲は、アニメの内容に合わせて作られていることがほとんどだったので、曲を聴くだけでそのアニメを思い出して懐かしい気持ちになれます。こちらはJASRAC管理に入ってなかったので、残念ながら歌詞紹介ができませんが…💦歌詞の中にアラレちゃんの決め台詞 (?) がいっぱい散りばめられ、かわいくて癒される曲です。

 

・「にんげんっていいな」:中島義実・ヤングフレッシュ

『まんが日本昔ばなし』も好きで、よく見てました。オープニング曲「にっぽん昔ばなし」(:花頭巾)と、男の子が龍の背中に乗って飛んでいる映像で「これから始まる」という静かなワクワク感があり、エンディング曲「にんげんっていいな」とその映像でホッと落ち着く感じがしました。家族のぬくもりを感じられるような、あたたかい歌詞が良いです。公式動画はないけど、検索すると色んなバージョンの動画が出てきます。その中で私は「ジョジョver」が好きで、だいぶん前に知ったのですがまだ残ってました。敵だったはずのキャラまで、みんな仲良く手をつないでて、とてもかわいいです☺

 

⑥好きなジブリソング

・「おしえて」:伊集加代(『アルプスの少女ハイジ』)

ハイジがジブリ作品と、後から知ったときは驚きました‼  ハイジを見ていた当時はスイスの風景に憧れ「一度は行ってみたいなぁ」と思ってました🌼この曲の前奏を聴いただけで、目の前に広大な草原が広がっているイメージが浮かびます。(ハイジが乗るブランコは、空まで舞い上がってめっちゃ怖そうですが😅)伸び伸びと爽やかな印象で、ヨーデルの部分も大好きです♪

 

・「さんぽ」:井上あずみ(『となりのトトロ』)

ジブリ作品の中でもトトロのかわいさは、私の中で断トツです🥰そしてオープニング曲である「さんぽ」は、聴くだけで明るく元気になれます🌟「あるこう あるこう わたしはげんき あるくのだいすき どんどんいこう」というサビのところが、たまにですが散歩中に頭の中で流れることがあります🎵自然の中を歩くときにピッタリの曲だと思います。

 

・「カントリーロード」:本名陽子(『耳をすませば』)

アメリカの原曲とは歌詞の内容が変わっているようですが、この曲の響きと切なくなる感じが好きです。歌詞は『耳をすませば』に合わせて変更されたのか、私は気にしたことはなかったのですが、その辺りを考察されている記事を見つけたのでリンクを貼らせて頂きます↓ 気になる方はご参照ください。

ciatr.jp

 

⑦好きな童謡

・「浜辺の歌」

子守歌のように、しっとりと優しい曲調に癒されます。昔の言葉が難しいので、解説されている記事のリンクを貼らせて頂きます↓ 言葉の意味が分かると切なく感じますが、聴いていると「浜辺を歩きながら海やその周りの景色を眺める様子」が目に浮かんできます。

honda-n2.com

 

・「夏は来(き)ぬ」

この曲も歌詞が昔の言葉で難しいのですが、言葉の響きが美しく感じます。「夏は来ぬ」は現代語で「夏は来た」という意味ですが、参考にさせて頂いた解説記事(下記参照 ↓ )によると、1番から4番までの唄われている時期には少しバラつきがあるそうです。これは「古典文学をもとに作詞されているため」とのこと。ちなみに曲は5番まであり、5番の歌詞は他の解説で「1~4番の総集編のような歌詞」と書かれていました。ずっと歌詞について書きましたが、歌詞とうまく調和したメロディーもすごくきれいです♪

tenki.jp

 

・「故郷(ふるさと)」

この曲は誰もが耳にしたことのある童謡の名曲だと思うのですが、若い方の中には「知らない」という方もいらっしゃるでしょうか?

私にとっては、以前の職場でよく唄った思い出の曲です。高齢の方々と一緒に唄うのですが、認知症の方でも、懐かしい童謡や懐メロなどはよく覚えておられることが多いです。「歌好きの方が喜んで唄っておられたなぁ」と、今でも印象に残っています。

 

⑧学生時代に習った好きな曲

・「ゆかいに歩けば」

この曲は、ジブリソングの「さんぽ」に通じる感じですが、楽しく歩きながら聴きたい1曲。サビの「バルデリ~ バルデラ~ バルデロ~ バルデロホホホホホ」の部分が印象強く、意味は分からないけど(特になし?)頭に残ります♬

 

・「翼をください」:赤い鳥

学校で何度も唄った思い出のある曲です。長年経った今でも歌詞をほぼ覚えていて、すぐ唄えます♪  最近は「自由」に惹かれる気持ちが強いので、この曲のように「自由に大空を飛ぶイメージで、これからの人生を歩んでいけたらいいな」と感じます。

 

・「贈ることば」:海援隊

卒業シーズンに習った曲。特に「人は悲しみが多いほど 人には優しくできるのだから」という歌詞に感銘を受けました。その当時繰り返し聴いていた記憶があり、懐かしい名曲です。

 

⑨最近ハマった曲

・「LILLY」:Hump Back

「マオメエアニメ」というYouTubeで見られるオリジナルアニメを、時々旦那さんに見せてもらってます。最後に毎回チャンネル登録を呼びかける色んな替え歌が出てくるのですが、そのひとつとしてHump Backが出てきたことがありました。アニメ作者の方がファンなのだと思うのですが、私はここで初めて知りました。それからHump Backの曲を色々と聴いてみましたが、替え歌のもとにもなったこの曲が、今のところ一番好きです🌟


www.youtube.com

 

・「ありがとう」:SUPER BEAVER

どういう流れか忘れましたが、ネットで存在を知り「良い曲を唄っているバンドを見つけた♪」と思いました。他にも好きな曲はありますが、やっぱり「ありがとう」という内容に惹かれる私は、この曲が一番良いなと思います🌟


www.youtube.com

 

・「Oz.」:yama

『王様ランキング』のアニメで、第1部のエンディング曲でした。初めて聴いたときに「良い曲!」と思い、そこからずっと好きです。歌詞が『王様ランキング』の内容に合っていて、MVはアニメのエンディング映像とはちょっと違うけど、ボッジとカゲを思い浮かべながら聴くことができます。そして、最後に2人で星空を眺めながら星座を描いているところは一緒でした。私はその星座の中に、カゲのお母さんの形見である馬車のおもちゃが入っているのを見てウルッときます。MVの公式動画を上げて頂いていたので、ここに載せることができ感謝します☆彡


www.youtube.com

 

以上、ちょっと長くなりましたが一気に紹介しました♪ いくつか動画もあって良かった🌟

次回<19>は番外編として、追加で書きたい内容を集めます。そして<20>を最終回として、まとめたいと思います。あともう少しですが「私の音楽ヒストリー♪」、残りも楽しんで頂ければ嬉しいです😊