日々の幸せを見つけるエンジョイライフ

大好きな自然や寺社巡りなどの話から、好きな音楽や芸人さんのことまで、気ままに綴っていきます。

ゆるエコの新たな一歩🌱

f:id:hukumaru-8888:20220211125920p:plain

 

最初に…前回の記事がなぜか「今週のお題」に💦

まず、今回のテーマとは関係ないのですが、前回の「はてなブログで最近マスターできたこと3つ☆☆☆」という記事、なぜか「今週のお題」の方へ投稿してしまっていました💦普通に新しい記事を書いて投稿しただけのつもりなのに…なぜなのか、どこで修正できるのか分からず💦

他の方々が書いている「今週のお題」を見ていたら、自分の記事が入ってきて、めっちゃビックリしました‼😲全然「お題」と関係ない内容なのに申し訳ない…原因も分からんしどうしよう…今回は普通に投稿できるんだろうか…とヒヤヒヤ💧

実際に投稿してみないと分かりませんが、もしこの記事まで「今週のお題」の方に入ってしまったら、本当にすみません!!

あと2つ、書き始めの下書き記事があるのですが、そちらについては下書きを一旦消して書き直すようにしたいと思います。

 

今までのささやかなエコの取り組み🌱

このブログでは、題名に「ゆるエコライフ」と付けていますが、今までエコに関する記事をまったく書けていませんでした。

まず「ブログに書けるほどの取り組みが、まだほとんど実践できていない」というのが、なかなか書けない最大の要因💧今までの生活の中で、意識して取り組んでいることと言えば、環境に優しい洗剤(キッチンと洗濯:MIYOSHI無添加シリーズ)を使うことと節電を意識することくらいです🌎

 

洗剤については、「合成界面活性剤」が環境によくないという話を聞くので、実際のところを自分なりに調べてみました💡

主に「オーガニックマガジン なちゅここ生活」「生活の知識・界面活性剤」という記事の内容を参考に、書かせて頂きます。まず「合成界面活性剤」は何千種類とあり、そのすべてが悪いというわけではないそうです。「天然の界面活性剤」も存在しますが、市販されている洗剤やシャンプーなどの大半は「有害な合成界面活性剤」が主成分になっているとのこと…。

人にとっては、経皮毒(皮膚を通過して体内に入る毒)として悪影響を受ける。

環境にとっては、「合成界面活性剤」の大半は河川や海に流れても分解せず(または分解にとても時間がかかる)、環境汚染の影響は多大。そこに生息する生物や植物などにも害を与えることもある。

石けんも河川に流れるものの、純石けんの場合は分解されやすく、微生物のえさにもなるので影響は少ないと言われている。

※ちなみに、一番環境に優しいのは、シャンプーや石けん(ボディーソープ)を使わないこと。

 

また別の観点で、「ほたるの里のお洗濯屋さん 界面活性剤と環境のこと」の記事を参考に書かせて頂きます。こちらによると、家庭においては生活排水に気を配り、排水の汚れを減らすことを考えることが大切である、と。

その中で私が実践しようと思うのは、食器の油汚れはそのまま水に流さず、拭き取ってから洗うこと。また、食べ残しや飲み残しもそのまま流さないようにすること。

そもそも食べ残しや飲み残しを防ぐよう、買い過ぎたり作り過ぎたりしないように気を付け、フードロスをなくしたい思います‼

あと、我が家は無洗米を使用中なのでお米のとぎ汁は出ませんが、お米をとぐ方は、そのとぎ汁をお花や植木の水やりに利用するといいとのことです。とぎ汁の使い方は、他にもフローリングの拭き掃除、野菜の下茹で、油物の食器洗いのつけ置き、洗顔などにもいいと書かれていたのですが、(土が吸収してくれると思われる)水やり以外の使い方だと、最終的に河川や海に流れていくことになりそうなので、それは環境にとって大丈夫なんだろうか?と気になります。

(※お米のとぎ汁に含まれる窒素やリンが下水処理で完全には除去できず、海で赤潮などの原因となり、環境破壊につながると言われているようです。ただし、とぎ汁が汚染の最大の要因というわけではなく、油や汁ものを流さないようにすることも重要!)

 

節電の方はちょっと意識している程度で、がっつりと実践できているわけではありません。電気の付けっぱなしや冷蔵後の開けっぱなしをしないように気を付けたり、暖房の設定温度を上げ過ぎないようにしたりという、「基本の基」のような内容💧

暖房については、環境省が推奨する「冬の暖房使用時の室温」が20℃。私はずっと「暖房の推奨設定温度」と勘違いしていて、設定20℃では寒いわ~と思っていたら室温のことでした😅昨年12月以降、我が家の暖房は22~23℃の設定が続いています。室温のチェックはできていませんでしたが、今日温度計を見てみると18℃。上着で防寒しているので、あったかいです👌

そして、暖房器具だけに頼らない防寒対策として、特に体の「首」の部分を温めるといいとよく聞きます。「4つの首」ということで、「首・手首・足首・お腹(のくびれ)」。ネックウォーマー、あったかい靴下やレッグウォーマー、腹巻きなどとともに、湯たんぽを使うのも良いですね🌞私は昔持っていたことがあったけど、その後手放していたので、今また自分に合う湯たんぽを探し中です。「これだ❕」と思えるものが見つかったら購入します☆

他にも食事内容に気を付けて適度な運動をすること、体操やマッサージ、入浴など、体を温める方法は色々とあるので、自分に合う方法で取り組んでいきたいと思います💃

 

新たな一歩・みつろうラップ🌱

エコの取り組みとして、気になっていること、これから始めてみようと思うことは多々ありますが、その中の一つが「みつろうラップ」でした😊

まず「みつろう(蜜蝋)」とは、「ミツバチの巣を構成する成分で、働きバチから分泌される蝋(ろう)」だそうです🐝

そして、「みつろうラップ」は繰り返し使えて、最終的には土に還る成分でできているということが、エコの重要なポイント🌼お値段が「ちょっと高いな」と思ってしばらく渋っていましたが、この度ようやく購入してみました。「手作りキット」というのもありますが、面倒くさがりな面がある私は、出来合いの製品を選びました。

使い方には注意が必要で、あっためると溶けてしまうので、「お湯で洗うこととレンジでチンは禁止」です❕ まだこれから使い始めるところなのですが、ラップのゴミを無くしていきたいと思っていたので、やっとその一歩を今踏み出しました🌱

 

これからの歩み🌱

私の日々の暮らしを振り返ると、やっぱり家事の大部分で家電に頼った生活をしています。自給自足の(または、それに近い)生活を送りながら、本気でエコ(自然環境保全)対策に取り組んでおられるような方々から見ると、「それでは甘い!」と突っ込まれてしまいそうですが…💦

「できる範囲で、できることから少しずつ始める」という意味で「ゆるエコ」と名付けたので、そのように少しずつ、エコに向けて自分ができることに取り組んでいきたいと思います🍀

 

これから実践していきたいエコの取り組みで、今思いつくことを箇条書きにしてみます。

🌱「脱プラ」を意識した買い物をする

「脱プラ」というキーワードが注目されるようになったのは、レジ袋の有料化が決まった頃くらいからでしょうか?今では「エコバッグ」がだいぶ浸透してきたように思います。

プラスチックについては、「マイクロプラスチック問題」という、5mm以下の微小なマイクロプラスチックが引き起こす環境問題があります。回収できない大量のマイクロプラスチックが海底に沈んだり海に漂流して、海洋汚染につながるそうです。また、海洋生物が誤嚥してしまうと消化不全や胃潰瘍などを引き起こして命を失うこともあり、生態系が破壊されるとのこと。

「マイクロプラスチック問題」に関する記事はたくさんありますが、その中で一つ、こちらの記事のリンクを貼らせて頂きます ↓ 今の実情から今後のことまで、東京農工大学の高田秀重さんが語られた内容をまとめてくださっています。

sdgs.yahoo.co.jp

私はプラスチックごみは、ベタベタに汚れているもの以外は分別して出していますが、その後の行方を知りませんでした。それが、この記事で判明したのですが、日本ではプラスチックごみを焼却して火力発電や燃料に再利用する「サーマルリサイクル」というものをリサイクルに含めてきたが、その割合が約6割とのことでした。焼却すれば二酸化炭素が発生するので、結局そこで環境汚染につながってしまっているのでは……😢ただ、これからは国際的に、この方法は通用しなくなっていくだろうということです。

 

身の周りにはまだまだプラスチック製品が山盛りで、特にスーパーで買う食料品の大半はプラスチックの袋や容器に入っている気がします💦私は旦那さん共々お菓子が好きなのですが、お菓子ってプラスチックのオンパレードのように大きい袋内に更に個装の袋や包みが…。お菓子のゴミを見る度に、「たくさんのプラスチックゴミを出してしまっている」と感じます💧

ペットボトルを買わないようにしたり、パンはプラスチック袋を使わないパン屋で買うか自分で手作りするという徹底した方もいらっしゃるようですが、私はそこまではできていません💧ペットボトルは極力控え、水筒を使うようにしたいと思います‼

また、洗顔料や歯磨き粉に含まれるスクラブ剤などのマイクロビーズ、プラスチック製の食器洗い用スポンジやメラミンスポンジの使用、化学繊維でできた衣類の洗濯などによってもマイクロプラスチックが流出してしまうようです。

歯磨き粉については、今までは深く考えず当たり前のように使っていましたが、合成界面活性剤が入っていて容器はプラスチック…。今後エコの面から見直してみます。歯ブラシも薬局で売られているのは大体プラスチック製なので、ネットで環境に優しい製品を調べてみると、竹製のものがありました。こちらは値段もお手頃なので、早速購入してみようと思います😊

飲食店では「脱プラ」に向けて食器やストロー素材の見直しが行われるなど、徐々に日本でもSDGsの取り組みが始まってきています。同時に、人々の意識ももっと高まっていくといいなと思います。

私はテイクアウトをすることは少ないですが、テイクアウト時の容器を持ち込みOKにしてもらえたり、外食時は「マイ箸やマイスプーンなど」の使用が当たり前の世の中になると嬉しいです🍀

 

※SDGsについて、分かりやすく解説された記事のリンクを貼らせて頂きます ↓

miraimedia.asahi.com

 

🌱「ゼロ・ウェイスト」に向けて、生活用品の見直し

便利グッズによって時短できたり、手間が省けたりと、人にとっては快適な生活が実現できます。ただ、私は「人にとっては便利でも、地球環境にとってはどうなのか?」という考えが根本にあるので、買い物をする前は本当に必要かどうかを検討することにしています。そうは言っても、色んな面で便利グッズのお世話になることがありましたが、世界中でSDGsの取り組みが叫ばれるようになった今、もう一度これまでの生活用品の見直しをしていきたいと思っています‼

「ゼロ・ウェイスト」とは、ごみをゼロにすることを目標に、できるだけ廃棄物を減らそうとする活動。無駄なものやごみになるものは最初から買わないという、「断捨離」にも通じる部分があります。

私はまず、フローリングシートの使用をやめてみようと思っています。ホコリや落ちた髪を取るのに便利で、掃除機をかける前に使っていましたが、「ゼロ・ウェイスト」を実現していきたい自分としては「ごみを増やしている」という罪悪感のようなものを少し感じてしまいます💦

環境に優しい掃除と言えば、昔ながらのほうき&ちりとり🧹過去に一度実践してみたことがあったのですが、ほうきの穂先(毛の部分)に髪がからまったりして、それを取るのがストレスでやめてしまいました。今回、それを解決できるほうきはないのかなと調べてみたら「シリコンほうき」なるものが✨もっと早くから調べてみたらよかったと思いましたが、これでフローリングシートをやめ、掃除機を使う回数も減らせるんじゃないかと期待しております♪   口コミを見ると、ペットの毛を取るのに良いという評価がありました。我が家にはペットはいませんが、飼っていらっしゃる方はペットの毛対策にいいかも🐶😺

あと、スポンジやふきんも「土に還る素材」のものに変えたいと思います!100%天然素材(植物の主成分であるセルロース製)の「エコスポンジ」と、「スポンジワイプ」というふきんをチェック中です。これで決定したら、購入します🍀

 

🌱コンポスターで生ゴミ処理

「コンポスト」とは、生ごみなどを微生物によって分解した堆肥のことで、その堆肥をつくる容器のことを「コンポスター」というようです。種類は色々とあり、「設置型」「回転式」「密閉型」「バッグ型」「電動処理機」など。一番自然の摂理にかなっているのは、ミミズに活躍してもらう「ミミズコンポスト」かもしれません。家の中で手軽に始めやすい方法で言うと、「バッグ型」になると思います。

ただ、コンポストに関しては、取り組みたい気持ちはあるものの「虫が苦手」ということがネックになっています。自然の中で虫に遭遇するのは、「自分が虫のすみかにお邪魔している」という感覚なのでまだ大丈夫ですが、家の中やベランダで虫がわいたら「もうムリ‼」となってしまいます💦「虫がわかない」というキーワードで調べていますが、実現はまだ先になりそう💧

 

🌱太陽光の小型発電機を利用

節電の一環として、前々から気になっています。キャンプなどにも役立つし、非常時の備えとしても持っておきたいもの💡値段は1万円前後から、上は0の桁が変わってくるまで色々とあります。

今どれがいいのか吟味中なので、お財布とも相談して決めたいと思っています。

 

🌱「3R」リデュース(Reduce)リユース(Reuse)リサイクル(Recycle)

「3R」は「ゼロ・ウェイスト」と内容が被るところがありますが、今改めてしっかりと取り組んでいきたいと思います。

優先順位で、まず一番大切なのは、無駄なゴミの量を減らせるような行動を取る「リデュース」。次に、買ったものはできるだけ長く大切に使い続けるという「リユース」。最後に、使い終わったものをもう一度資源として再利用できるようにする「リサイクル」。

衣料品については、製造過程で大量の水やエネルギーを必要とすることが、水質汚染や二酸化炭素の排出につながっているそうです。ファストファッション(流行を取り入れながら低価格に抑えた衣料品)の使い捨てにより、大量廃棄の問題もあります。

買い方を見直して、長く愛着を持って着られる衣類を購入すること。また、古着屋さんで買うというのもエコになるそう。私は肌に直接触れるものは抵抗がありますが、上着などであれば古着も良いなと思っています。

 

🌱できるだけ、オーガニック食材を買う

オーガニックは「健康に良い」というイメージの方が強いですが、エコの観点でも良いとのこと🍀科学的な農薬や肥料を使わないことで、水や土壌、大気の汚染を防いでくれています。お値段が少し高くなるけど、手が届くものはオーガニックを選びたいと思います。

 

🌱マジックソープ、再活用

体を石けん(ボディーソープ)で洗わずにお湯に浸かるだけという入浴法は、タモリさんを筆頭に実践されている有名人の方々も結構多く、「タモリ式入浴法」とも言われるそうです。また、「シャンプーを使うのをやめた」という方の記事を読んだこともあります。

環境にとっても人にとっても「使わない」ことが一番良いと、頭では理解しているのですが、まだ気持ちの面が完全には追いつかず💦

そこで思い出したのが、「マジックソープ(天然由来成分100%・ドクターブロナー)」です☺だいぶ前に買って、少し使ってみたものの自分には合わない気がしたのと、薄めて使うなどの手間も億劫に感じて、そこから置いたままにしていました。

今なら手間もそんなに気にならないので、環境に優しいシャンプー&ボディーソープとして、また、掃除の洗剤などにも使っていこうと思います✨

 

最後に🍀

ここまで長々と書いてきましたが、「一般的にエコと言われている取り組み」が、別の角度から見て「本当にエコなのか?」という記事も読むように心がけています。

例えば、エコバッグや再生紙など、作られる際に使われるエネルギー量を考えると、必ずしもエコではない…という見方もあります。

多面的な考え方を知り、最新の情報を確認しながら、取り組む内容を見直すようにしていきたいと思います。

そして、このブログの進行とともに少しずつエコの取り組みを増やし、その内容を書いていけたらと思っております🍀